むくみやすい体質を改善するために行ったこと

事務職でデスクワークが多いせいか、よくむくみがちになってしまいます。

日常生活の中で運動をあんまりしないため筋力が弱く、むくみやすい体質になってしまっているようです。

特に排卵期や生理前などはむくみがひどく、夜になると足がパンパンで寝付けなくて困るくらいでした。

また、ダイエットをしていて足も細くしたかったので、まずはむくみを解消させるべく対策をとりました。

むくみを発生させるシステムとしては、全身の血流が滞ることが原因です。

むくみ解消のためにはよく水を飲むことと、身体をストレッチなどをして身体を動かすこと、筋力をつけること、リンパマッサージをすることなどから始めました。

お水は1日1.5リットルくらいを目標に、小分けにして水分を取ることにします。

まず朝起きたらお手洗いを済ませ、それから冷たい水をコップ1杯のみます。

冷たい水にすると身体が目覚めてシャキッとするのでおすすめです。

日中も常温くらいで小まめにお水を飲み、合わせてお手洗いも行って老廃物を流すようにしましょう。お風呂の前後や寝る前にも飲むようにして下さい。

次にストレッチですが、寝起きやお風呂上がりなどに柔軟ストレッチをします。開脚して前に身体を倒したり、前屈などをします。足のむくみにおすすめなストレッチが、まず正座をしてから腕を使いながらゆっくりと身体を後ろに倒していきます。そうすると足の血流が良くなり、ふくらはぎがすっきりします。

できれば朝晩に合わせてリンパマッサージをしましょう。夜はお風呂上がりや寝る前には必ずやることが大切です。

リンパマッサージは参考本やインターネットで動画も上がっているので、それを参考に足のつま先から頭まで全身くまなくマッサージをします。

休日や時間に余裕があるときは無酸素運動の筋力トレーニングを10分ぐらい行います。このトレーニングでおすすめなのはゆっくりとエクササイズをすることで効率よく筋力を上げられるスロートレーニングが効果が感じられました。

この方法は朝一で行うようにし、あとは仕事中にも腰からひねったり、立った時に肩甲骨を動かしたりと小まめに身体を使いました。

生理前はどうしてもむくみがちになるのですが、普段からこうしたむくみ改善を心掛けることによって少しはマシになっています。

あとはむくみ防止グッズとして、ストッキングや骨盤サポートなどをつけています。理想としてはいつかきちんとした美容家電でむくみに効くものを購入してみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です