見た目を大きく変えられる短時間でできる治療法

料金が気になる

注射器

お金を用立てる方法をご紹介

一重まぶたで悩んでいる人は、美容整形を利用して二重まぶたにしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。美容整形のクリニックで施術を受ければ理想的な二重を手にすることができるのですが、気になるのが費用です。医療機関の施術といっても、病気などの治療ではないため、保険が適用されず自由診療となるので、大きな費用がかかりますし、クリニックによって費用にも大きな違いがあります。二重まぶたを作る施術方法には、埋没法と切開法などの方法があります。埋没法では6万円前後、切開法では25万円〜30万円程度、眼瞼下垂手術なら30〜50万円程度が相場です。切開法には、部分切開と全切開法があり、どちらの施術を受けるかによっても費用に違いが出てきます。このように、二重まぶたにするためには、意外にまとまったお金が必要になることがわかります。1万円〜2万円程度であればすぐに払えても、数十万円ともなればすぐに払えない人も多く、この費用の高さによって治療をためらっている人もいるかもしれません。施術に必要な料金は、一括払いだけではなく、クレジットカードを使って分割払いも可能ですし、クリニックが提携している金融機関の医療ローンを利用して支払うことも可能です。その他にも、自分で医療ローンに申し込みをする、カードローンを利用してお金を用意する方法があります。

手元にお金がない人でも、金融機関から借入をすることによって費用に必要なお金を用立てることができ、美容整形で悩みだった一重まぶたを二重まぶたにすることもできます。借り入れによってお金を用立てる方法は、まとまったお金がない人に注目されるお金の用立て方です。ローンは利用したいけど、審査に通過するかが気になる人もいるでしょう。20歳以上で安定した収入がある人なら審査に通過する可能性は高いです。医療ローンでは、20歳以下でも親の同意があれば融資を受けられるケースもあります。その他にも、過去にローンの支払いで遅れたことがない、年収の3分の1以上の借入をしていない人であれば審査通過の可能性は高いです。美容整形クリニックが取り扱っている医療ローンや銀行などが取り扱っている医療ローンは、一般的なカードローンよりも金利が低いことが特徴です。金利が低いことで利息負担を軽減できるのですが、あえてカードローンを利用する人もいます。医療ローンでは、治療費に必要なお金しか借りることができませんが、カードローンはフリーローンとも呼ばれ、使い道は自由です。そのため、治療費だけでなく、通院のために必要な交通費をまかなうこともできます。二重まぶたになったことで、髪型や服装も変えたい人も、ローンでその費用にあてることも可能です。借入ではいくつかの方法があるので、自分に合った借り方をすることができます。