足がむくんで熟睡できないのはしんどいです

起きているときは何とも感じないのに、いざ寝ようとすると足に違和感があります。

ふくらはぎが膨らんでいると言うか腫れているみたい。

 

足が浮いてしまうと言うのでしょうか。まるで、ふくらはぎにゴム風船をつけて寝ているような変な感触がします。

足を伸ばして寝たいのに上手く伸ばせない。無意識のうちに足を曲げてしまいます。

 

さわってみたら少し腫れているような気も。むくんでいると言えば良いのでしょうか。

さわると熱い。ほかのところは冷えているのに、ふくらはぎだけ熱をもっています。

強く押さえると痛い。筋肉の奥のほうがカチコチになっているような鈍痛です。

 

さすがにコレじゃ眠れない。

なんとか足のむくみを解消する方法はないものでしょうか。そもそも、なんで足がむくんでしまうのか。それが知りたい。

 

どうやら運動や睡眠が不足していると、足がむくみやすくなってしまうみたい。足がむくんで眠れない。翌日は昼過ぎまで寝てしまう。運動する時間がとれない。また夜になって足がむくみ眠れない。悪循環なんですよね。負の連鎖を断ち切らないと、いつまで経っても足はむくんだままです。

 

病気を治すためには適度な運動が必要。でも病気だと身体を動かすこともできない。

そのまま弱っていくだけ。恐ろしいことです。たとえ一日に5分でもいいから歩くことは必要ですよね。

睡眠不足も心配です。話によると熟睡しなくても目を閉じて横になっているだけで体力は回復するそうです。

 

もちろん熟睡できるなら、それにこした事はありませんが。寝なくちゃいけないとプレッシャーを感じるよりは良いかも知れません。

適度な運動と睡眠。あたりまえのことですが、ついおろそかになっていました。反省しなくてはいけませんね。

 

むくみをとるにはマッサージが効果的だと書いてありました。ポイントは優しく撫でる程度の強さで。これは意外でした。

マッサージって、ぐいぐい揉みこむようなイメージでしたから。撫でる程度の強さで充分だそうです。あんまり強く揉むと痛くなってしまうのだとか。調べてみると知らない事実が知れて良いですね。

 

ためしに一番こっている部分を優しくマッサージしてみました。

撫でるときは心臓に向かって。往復させるのではなく一方通行です。

手のひらを使わずに指先をすべらせるようなイメージ。ふくらはぎをコチョコチョくすぐるような感じでしょうか。

 

やってみると気持ち良い。自分の体をなぞっていると、すごくリラックスできます。

体をなぞるぐらいなら、ほかの事をしていても出来ますよね。これからも気づいた時に続けていけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です